1. dブックTOP
  2. 古典文学・文学史・作家論
  3. 京極夏彦講演集 「おばけ」と「ことば」のあやしいはなし

京極夏彦講演集 「おばけ」と「ことば」のあやしいはなし

京極夏彦講演集 「おばけ」と「ことば」のあやしいはなし
京極夏彦講演集 「おばけ」と「ことば」のあやしいはなし
京極夏彦  |  文藝春秋 ¥1,599
日本各地に言い伝えられる「妖怪」から江戸・明治期の絵師・河鍋暁斎、 「ゲゲゲの鬼太郎」の水木しげるまで令和版「妖怪談義」。 「水木しげる作品」がウケ続けているわけは? 柳田國男が『遠野物語』で描いた「河童」「山人」… 「幽霊」「妖怪」「おばけ」の怖さ 「私は京極だが、京極は私でない」のはなぜか? 目次 はじめに 第一談 世界の半分は書物の中にある 第二談 水木“妖怪”は何でできているか 第三談 水木漫画と日本の“妖怪”文化 第四談 「怪しい」「妖しい」「あやしい」話 第五談 柳田國男と『遠野物語』の話 第六談 河鍋暁斎はやはり画鬼である 第七談 幽霊は怖いのだろうか? 第八談 「ことば」と「おばけ」との関係 第九談 日本語と“妖怪”のおはなし

同じ作者の作品

もっと見る