横浜・神戸であった泣ける話

横浜・神戸であった泣ける話

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

横浜と神戸、日本を代表する二つの港町を舞台にした12編の泣ける話を本書は収録しています。ライト文芸の世界で活躍する作家12名による物語に触れ、横浜・神戸が好きな人も、これから行きたいと思っている人も、自分が過ごした場所を思い出したり、いつか訪れることを想像して、心休まる時間を過ごしてみませんか。【一部あらすじ】『北新横浜北』鳩見すた結婚披露宴の席、新婦の父から新郎新婦に向けたメッセージに出席者はみな笑顔になり……『十年目の結婚記念日』栗栖ひよ子結婚記念日に彼は横浜にたった一人。妻との待ち合わせ場所を示す手紙を開くが……『吊り橋の恋と地図』浜野稚子大学生の娘の話を聞き、学生時代を思い出す詩織。彼と出会ったのは大震災の日だった。『窓の外の青空』杉背よい子供が生まれ仕事をやめた唯は、かつての職場・横浜から流れるラジオの声に想いを馳せる。『恋せよ、乙女』浅海ユウ夫を亡くして以来、曾祖母は毎年自分の誕生日に山下公園へ。誰もその理由を知らなかった。ほか7作品収録『滔々と未来へ』溝口智子/『横浜にも山はある』ひらび久美/『一枚の写真』那識あきら/『いつも通りすぎる」朝比奈歩/『友情は香りとともに』国沢裕/『All right! Thank you amigo!』神野オキナ/『花時計の前で歌が聴こえる』石田空

商品情報

作品をシェアする

同じ作者の本

カート