1. TOP
  2. 少年マンガ
  3. 愚連街 18

愚連街 18

愚連街 18
愚連街 18
手石ロウ  |  小学館 ¥650
東京でいま一番アブない街、愚連街――蛇谷兄弟に拉致された眞倉レンコを救出に向かった天道マハルと虎坂シーマ。だが指定されたビルにレンコはおらず、代わりにマハルが遭遇したのは“光”と思しき謎の男だった。「姉を救いたければブタに聞け」男の言葉に従い、マハルはシーマとともに、厄丸組の地下牢に囚われている豚マスクの下に急行。ブタ――豚マスクの正体は、“光”の幹部のひとりであり、同時に蛇谷兄弟のブレーンも務める少年だった。レンコの居場所を問うマハルに、彼は恐るべき事実を告げる…復讐代行サービス「赤い衝動(ルーバービーツ)」、殺人代行サービス「赤い殺人鬼(ルーバーキラー)」の先にある、「赤い獣(ルーバービースト)」とは…!?第死部「ルーバービーツ」、息もつかせぬ怒濤のクライマックス!!キャラプロフィールやおまけ漫画も盛り盛りの第18巻!!

シリーズ

もっと見る

同じ作者の作品

もっと見る