転生少女の履歴書 11

転生少女の履歴書 11

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

ヤングエースUPにてコミック連載大好評! 極貧の村娘から王妃に転生? 血の味のキスの意味は? 「…お、俺で、いいのか?」 リョウは隷属魔法の呪文を知るため、アランとカイン、 そして記憶を失った様子のヘンリーとともに 兄・ジロウに会うために神縄を訪ねた。 ただ、ジロウはガリガリ村で暮らしていた頃とは 雰囲気が変わってしまっていた。 彼は「六十四番目」と名乗り、実際に見てきたかのように 千年前の過去について語り始める。 前王朝よりも前の時代では、魔法使いと非魔法使いの 関係性が現在のとは異なっていることを知らされる。 だが、求めていた隷属魔法の呪文について 知ることができなかった。 そして神縄の外へと出たリョウ達だったが、縄の外に出た瞬間、 空気が変わったのを感じた。 あたりを見渡せば、先ほどまで降っていなかったはずの 雪が降っており、薄らと地面に雪が積もっている。 不思議に思ったリョウ達は、外の状況を確認しにいく。 そこで神縄の中にいた時間は数刻のはずなのに、 外では半年もの月日が経過していることを知るのだった。 その間、魔物が彷徨うようになり、リョウとヘンリー王弟が 失踪したことによる内乱が起きようとしてた。 一方、シャルロット、アンソニーと無事合流することができた。 しかし、リョウの長い不在に不安を抱いていたシャルロットは、 隠し持っていた禁忌の力に手を出してしまっていた。 リョウは、シャルロットの力のことを知らぬまま、 内乱が起きようとしている場所へと向かう。 そこには、グエンナーシス領とルビーフォルン領の連合軍と王国軍、 そして魔物達が集まっていたのだが-----。 唐澤 和希(カラサワカズキ):東京都在住。本作にてデビュー。 桑島 黎音(クワシマレイン):イラストレーター。「ストレンジムーン」など多数のライトノベルのイラストを担当。新潟県出身。

商品情報

作品をシェアする

同じ作者の本

カート