1. TOP
  2. 海外文学
  3. タボリンの鱗 竜のグリオールシリーズ短篇集

タボリンの鱗 竜のグリオールシリーズ短篇集

タボリンの鱗 竜のグリオールシリーズ短篇集
タボリンの鱗 竜のグリオールシリーズ短篇集
ルーシャス・シェパード / 内田昌之  |  竹書房 ¥1,100
内容紹介巨竜、起動数千年の眠りからグリオールが目醒めるとき、世界は一変する数千年前に魔法使いとの戦いに敗れた巨竜グリオール。彼は全長1マイルにおよぶ巨体は、草木と土におおわれ川が流れ、その上には村までもができている。周囲に住むひとびとは、時が経ち観光地化した彼の恩恵を受けているが、その一方で巨竜の邪悪な霊気に操られているとも言われている――。グリオールの鱗(うろこ)を触っていた男と娼婦がタイムスリップする表題作、死した巨竜の頭蓋骨がひとびとを翻弄し運命を狂わせてゆく傑作奇想譚「スカル」の初邦訳2篇を収録。その昔、グリオールという動けぬ巨竜がいた。彼は空を飛ぶことを夢見ていたのかもしれない――。解説:池澤春菜【収録作品一覧】「タボリンの鱗」(“The Taborin Scale”/2010)※二〇一一年度ローカス賞最優秀ノヴェラ部門候補作●初訳「スカル」(“The Skull”/2012)※二〇一三年度世界幻想文学大賞最優秀ノヴェラ部門候補作●初訳