1. TOP
  2. 小説一般
  3. 動物園であった泣ける話

動物園であった泣ける話

動物園であった泣ける話
子どものとき親と行く、若い時にカップルで行く、親になってから子どもと行く。人生で3回は行くといわれる動物園。動物好きなら3回どころか、何十回と行く方もいるかもしれません。動物と触れ合うことで人は癒され、明日を生きる活力となります。本書はそんな動物園を舞台にした心にしみる12編のストーリーを収録したものです。ライト文芸の世界で活躍する気鋭の作家12人が紡ぐ優しさ溢れるアンソロジー、ぜひ本書で気持ちの良い涙を流していただければ幸いです。Step by Step 楠谷佑血の繋がりがない父子。「親子割引クーポン」で来た動物園で、二人の心は繋がる。猿山と登山 溝口智子車椅子で猿山を見る老婆、彼女のネガティブな心は娘たちの手を借りて変化していく。番い鳥のフォレルスケット 烏丸紫明丹頂鶴の番いの前で足を止めた貴之は、恋人の真琴に向かって想いを打ち明ける。そこにはきっと宝物があるから 猫屋ちゃき絵の題材を探しに動物園に来た泰樹は、一人無表情でサイを見る少年に気が付き…ちいさなぼくとネコのあいだに、クマがはいってゆきました 鳩見すた飼い猫シッタが亡くなり親子で初めて来た動物園、息子はシッタの声が聞こえると言う。パンダが来た!霜月りつ動物に喩えて水城正太郎ライオン、子ライオン、孫ライオン那識あきらわたしは檻の中朝比奈歩私に似た人浅海ユウ願掛けバナナ一色美雨季俺の会社は動物園! ?編乃肌

シリーズ

もっと見る

同じ作者の作品

もっと見る