1. TOP
  2. 青年マンガ
  3. ペリリュー ─楽園のゲルニカ─ 10巻

ペリリュー ─楽園のゲルニカ─ 10巻

ペリリュー ─楽園のゲルニカ─ 10巻
ペリリュー ─楽園のゲルニカ─ 10巻
武田一義/平塚柾緒(太平洋戦争研究会)  |  白泉社 ¥660
終戦からおよそ1年半――。昭和22年3月、田丸と吉敷は「生きて日本に帰る」という約束を果たすべく、壕からの脱走に成功する。投降――それは数多の苦難を共に乗り越え、生死を共にしてきた仲間の敵になるということ。では仲間にとって≪正しい≫行動とは何か。全体を危険から遠ざけるための規律か。全員を救うための危うさをはらんだ勇気か。指揮官として命がかかる決断を迫られる島田。混乱の中、島に銃声が響く――。生き残った兵士それぞれに、ゆずれない正義がある。本当の終戦をもたらすため、想いを繋いだ若者の生還の記録。