1. TOP
  2. 小説一般
  3. 銀塩写真探偵 一九八五年の光

銀塩写真探偵 一九八五年の光

銀塩写真探偵 一九八五年の光
銀塩写真探偵 一九八五年の光
ほしおさなえ  |  KADOKAWA ¥616
陽太郎の師、写真家の弘一には秘密の顔があった。それは銀塩写真探偵という驚くべきもの。ネガに写る世界に入り、過去を探れるというのだ。入れるのはたった一度。できるのは見ることだけ。それでも過去に囚われた人が救いを求めてやってくる。陽太郎も写真の中に足を踏み入れる。見たのは、輝きも悲しみも刻まれた永遠の一瞬で──。生きることとは、なにかを失っていくことなのかもしれない。哀切と優しさが心を震わす物語。