青天を衝け 四

青天を衝け 四

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

次々と転身を遂げ未来を切り拓いていく栄一の生涯、いよいよクライマックスへ!パリから帰国後、主君・徳川慶喜の隠棲する静岡で「商法会所」を設立するなど藩のために尽力していた渋沢栄一は、明治新政府から出仕の要請を受け、東京へ。いまだ武士の習わしから抜け出せない政府の中で「改正掛」を立ち上げて改革を推し進め、銀行の設立にも奮闘する。そして三年半後、栄一は官を辞し、民の立場で実業の一線に立つことを決意する。一筋縄ではいかない商人たちがうごめく世界に飛び込んだ栄一が目指すものとは?通貨、税制、鉄道、郵便、銀行ーー今につながる日本の礎を、高い志を持って築き上げてきた栄一の生涯も、いよいよクライマックスを迎える。〈内容〉第32章 栄一、銀行を作る第33章 論語と算盤(そろばん)第34章 栄一と伝説の商人第35章 栄一、もてなす第36章 栄一と千代第37章 栄一、惑う第38章 栄一の嫡男第39章 栄一と戦争第40章 栄一、海を越えて最終章 青春はつづく

商品情報

作品をシェアする

同じ作者の本

カート