1. TOP
  2. 歴史・時代
  3. 口封じ 栄次郎江戸暦25

口封じ 栄次郎江戸暦25

口封じ 栄次郎江戸暦25
口封じ 栄次郎江戸暦25
小杉健治  |  二見書房 ¥770
大店の主に迫る凶刃!なぜ命を狙われたのか、いつまでも謎のまま…。田宮流抜刀術の達人で、三味線の名手矢内栄次郎は、謎解きの鍵を握る男を追う。だが何者かに先を越され、その男の口が封じられ……。田宮流抜刀術の達人で、三味線の名手矢内栄次郎は、太物問屋『 和泉屋 』の大広間で開かれた会に地方として 三味を握っていた。主人夫婦の舞台が終わり宴会に移る。主の藤右衛門は、 額が広く顎の尖った男の言で庭に出た。男は土蔵の前に立つ藤右衛門の背後に迫った。匕首を手にして……。目にした栄次郎は男の後頭部目掛けて小石を投げた。栄次郎は男から匕首をもぎとり……。

シリーズ

もっと見る

同じ作者の作品

もっと見る