1. TOP
  2. 海外文学
  3. 第三之書 パンタグリュエル物語

第三之書 パンタグリュエル物語

第三之書 パンタグリュエル物語
第三之書 パンタグリュエル物語
フランソワ・ラブレー / 渡辺一夫  |  グーテンベルク21 ¥1,210
パンタグリュエルは無可有郷(ユトピー)国人約100万人を乾喉(ディプソディー)国へ植民させる。また功績著しいパニュルジュを肉雑炊(サルミゴンダン)領の城主に任命する。だがパニュルジュは莫大な金をあっという間に蕩尽、小言をいうパンタグリュエルと「借金論争」を繰り広げる。それが終わるとパニュルジュは結婚はしたいが、何としてもコキュにだけはなりたくないと述べ、助言を仰ぐ。パンズゥーの巫女、詩人の大猫悟老(ラミナグロビス)や、予言者の鳥羽(ヘル・トリッパ)先生や、ジャン・デ・ザントムール修道士などに相談するが、埒(らち)があかない。ついにパンタグリュエルは、パニュルジュが結婚すべきかどうかについて徳利明神(ディーヴ・ブウティユ)にお伺いを立てることを決心する。

シリーズ

もっと見る

同じ作者の作品

もっと見る