サド侯爵の生涯 新版

サド侯爵の生涯 新版

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

『悪徳の栄え』の著者、サディズムの祖として知られるマルキ・ド・サド。この公序良俗に対決しつづけた18世紀フランスの貴族の生涯を、誕生から性的醜聞、幽囚生活、孤独な晩年まで描ききる。無理解と偏見に満ちた従来のイメージを覆し、サドの実像を捉えた、著者渾身の作にして、三島由紀夫『サド侯爵夫人』の典拠となった画期的評伝。〈解説〉出口裕弘【目次より】第一章 誕生より結婚まで(一七四〇―一七六三年)第二章 リベルタンの出発(一七六三―一七六七年)第三章 アルクイユ事件の周辺(一七六八―一七七二年)第四章 マルセイユ事件の周辺(一七七二―一七七三年)第五章 ラ・コストの城にて(一七七三―一七七八年)第六章 ヴァンセンヌの鐘楽(一七七八―一七八四年)第七章 自由の塔(一七八四―一七八九年)第八章 革命とともに(一七八九―一七九二年)第九章 恐怖時代に生きる(一七九二―一八〇〇年)第十章 精神病院の晩年 (一八〇一―一八一三年)第十一章 死 (一八一四年)補遺(1) 死後の評価補遺(2) その生涯の最後の恋補遺(3) ジャンヌ・テスタル事件

商品情報

作品をシェアする

同じ作者の本

カート