1. TOP
  2. 青年マンガ
  3. 浮浪雲(はぐれぐも) 41

浮浪雲(はぐれぐも) 41

浮浪雲(はぐれぐも) 41
浮浪雲(はぐれぐも) 41
ジョージ秋山  |  小学館 ¥605
激動の幕末を、流れる雲のようにサラリと生きる“大江戸楽天人伝”。▼第1話/お散歩▼第2話/中年探偵団▼第3話/間男▼第4話/おんな日和▼第5話/垣根ごし▼第6話/わがまま仁義▼第7話/諸法無我▼第8話/おしの▼第9話/あぶない女 ●登場人物/浮浪雲(品川宿の問屋場、夢屋の頭。柔軟かつ強靱な精神の持ち主)、新之助(雲の長男。大人物を夢見る熱血少年)、カメ(雲の妻)、欲次郎〈とっつあん〉(夢屋の帳場をまかされている老人) ●あらすじ/お花が腹痛で寝ているというのでみてあげた渋沢先生。お花のお腹を触っただけで、お花はよくなってしまう。腹痛の間、ずっと神様にお願いしていたというお花は、渋沢先生に神様はいるのかという質問をする(第1話)。▼お奉行から十手を預かった浮浪雲。難解な事件をまかされたようだが、てんで動こうとしない。お奉行は、それならもっと簡単な事件をということで盗みの調査をまかせるが、雲が捕まえてきたのは被害者の男だった(第2話)。▼玉の輿にのるためには手段を選ばないお仙という女。女を武器に、色々な策略をめぐらし、思い通りに行ったかのように見えたお仙だったが……(第3話)。

シリーズ

もっと見る

同じ作者の作品

もっと見る