1. TOP
  2. TL小説
  3. 歪んだ旋律に絡めとられた二人は堕ちてゆく

歪んだ旋律に絡めとられた二人は堕ちてゆく

歪んだ旋律に絡めとられた二人は堕ちてゆく
歪んだ旋律に絡めとられた二人は堕ちてゆく
皐月もも / 森原八鹿  |  夢中文庫 ¥990
ピアノのコンクールの帰り道、詩乃と響介は事故に遭う。響介は事故の怪我がもとでプロの道を断念。詩乃は留学までしたものの、事故のトラウマから失敗続き。とうとう日本へ逃げ帰ってきてしまった。それでも捨てることができないピアノ。響介と離れ離れになって四年が経った大学二年の春、やっとピアノを捨てると決意する。そんな矢先、詩乃の前に響介が現れ「俺のためにピアノを弾け。それが俺への償いだ」と冷たく言い放つ。そして、詩乃は気づいてしまう。ピアノを捨てられなかったのは響介を求めていたのだと。頷く詩乃。だが響介が求めたのは旋律だけではなかった……もうお前を逃がさない――響介の執着は詩乃の心を絡めとってゆく。

シリーズ

もっと見る

同じ作者の作品

もっと見る