1. TOP
  2. 青年マンガ
  3. 浮浪雲(はぐれぐも) 6

浮浪雲(はぐれぐも) 6

浮浪雲(はぐれぐも) 6
浮浪雲(はぐれぐも) 6
ジョージ秋山  |  小学館 ¥605
激動の幕末を、流れる雲のようにサラリと生きる“大江戸楽天人伝”。▼第1話/義見てせざるは▼第2話/人生四十八手▼第3話/姑が来たよ▼第4話/学問のすすめ▼第5話/一直線▼第6話/血がたぎる▼第7話/我宿草(わがやどぐさ)▼第8話/蛙とびこむ▼第9話/春と阿修羅▼第10話/謎のピラニヤ軍団 ●登場人物/浮浪雲(品川宿の問屋場、夢屋の頭。柔軟かつ強靱な精神の持ち主)、新之助(雲の長男。大人物を夢見る熱血少年)、カメ(雲の妻)、欲次郎〈とっつあん〉(夢屋の帳場をまかされている老人) ●あらすじ/釣りに出かけた帰り道、人が襲われている所に出くわした浮浪雲と新之助。無視しましょうという雲に対し、正義感の強い新之助は無視ができない。しかしこの人助けから、雲一家は事件に巻き込まれてしまう(第1話)。▼連続優勝で大人気の大関、琥珀光が品川にやってきた。威風堂々とした彼だが、雲の姿を見かけるやいなや雲の所へ駆け寄り、膝を折って泣き始めた。5年前のお礼を言いたいという琥珀光。雲は全然心当りは無いというのだが……(第2話)。▼雲の母親がやって来るというので、家中の部屋という部屋がぴかぴかに……。雲も、扇子を片手にきちんとした身なりで正座をしている。さて、雲一家は、何事もなく姑を迎えることができるのか!?(第3話)。 ●その他の登場キャラクター/勝海舟(第6話)

シリーズ

もっと見る

同じ作者の作品

もっと見る