1. TOP
  2. 小説一般
  3. 泣かない女はいない

泣かない女はいない

泣かない女はいない
泣かない女はいない
長嶋有  |  河出書房新社 ¥539
ごめんねといってはいけないと思った。「ごめんね」でも、いってしまった。―埼玉郊外の下請け会社に、事務として中途入社した、澤野睦美。恋人・四郎と同棲する彼女に、不意に訪れた心変わりとは?話題の表題作ほか、「センスなし」を収録。恋をめぐる心のふしぎを描く魅力あふれる小説集。