1. TOP
  2. 小説一般
  3. 平安あや解き草紙 ~その姫、後宮にて宿敵を得る~

平安あや解き草紙 ~その姫、後宮にて宿敵を得る~

平安あや解き草紙 ~その姫、後宮にて宿敵を得る~
平安あや解き草紙 ~その姫、後宮にて宿敵を得る~
小田菜摘 / シライシユウコ  |  集英社 ¥627
皇統の奪還をもくろむ嵩那の叔母・入道の女宮の策略で、伊子と嵩那の関係が父・顕充の知るところとなった。顕充は十六歳年上の伊子を一途に想う帝と話すという。時は師走。誰もが忙殺されるなか、女宮が参内してくる。どんなたくらみを秘めているのか警戒する伊子だったが、儀式の最中、帝の目の前で皇統の不当を糾弾する声が家臣から突然上がり、くすぶっていた先帝への不満が爆発した…!!