1. TOP
  2. 自己啓発
  3. 往生の物語――死の万華鏡『平家物語』

往生の物語――死の万華鏡『平家物語』

往生の物語――死の万華鏡『平家物語』
往生の物語――死の万華鏡『平家物語』
林望  |  集英社 ¥715
いかに死すべきか!? 「死」の大文学『平家物語』に読む往生際の在り方。『平家物語』は平家滅亡の物語であり、平家一門の「死に様」の物語ともいえる。清盛の地獄の死、宗盛の愚かしくも人間的な死、知盛の剛毅で潔い死、建礼門院のありがたい死……。著者は、この『平家物語』を空前絶後の「死(タナトス)」の大文学としてとらえ、その主要な登場人物十一人の様々な最期から逆照した彼らの生きかたを「死への道筋」と見ることで、新しい面白さを発見していく。そして、私たち現代人にも、避け得ない「死」と向き合うための心の工夫のヒントを与えてくれるのである。

シリーズ

もっと見る

同じ作者の作品

もっと見る