1. TOP
  2. 小説一般
  3. その果てを知らず

その果てを知らず

その果てを知らず
その果てを知らず
眉村卓  |  講談社 ¥1,562
幻想の世界と現実の世界を自由に行き来できる、世界でも希有な作家だった。――南山 宏(作家・元SFマガジン編集長)この人が歩んできた道の果てに、今の日本SFの輝きがある。――池澤春菜(声優・SF愛好家)日本SF第一世代として活躍した眉村卓が晩年の病床で書き継いでいた遺作。SF黎明期に起こったこと、そして未来はどうなるのか――今から60年以上前、大学を卒業して会社員となった浦上映生は文芸の道を志し、SF同人誌「原始惑星」や創刊されたばかりの「月刊SF」に作品を投稿し始めた。サラリーマン生活を続け、大阪と東京を行き来しての執筆生活はどのように続いていったのか。晩年の彼が闘病しつつ創作に向き合う日常や、病床で見る幻想や作中作を縦横無尽に交えながら、最期に至った“この世界の真実”とは。これぞ最後の「眉村ワールド」!