1. TOP
  2. 小説一般
  3. 白蓮れんれん

白蓮れんれん

白蓮れんれん
白蓮れんれん
林真理子  |  集英社 ¥715
【第8回柴田錬三郎賞受賞作】大正時代、筑紫の炭坑王の妻で美貌の歌人・柳原白蓮は7歳下のジャーナリスト宮崎龍介と恋に落ちた。名高い恋の逃避行「白蓮事件」を、門外不出の資料を元に描ききる渾身作。