1. dブックTOP
  2. 言語・語学・辞典
  3. 世界一まぎらわしい動物図鑑 ~そっくりなのにぜんぜんちがう~
  4. 世界一まぎらわしい動物図鑑 ~そっくりなのにぜんぜんちがう~

世界一まぎらわしい動物図鑑 ~そっくりなのにぜんぜんちがう~

世界一まぎらわしい動物図鑑 ~そっくりなのにぜんぜんちがう~
世界一まぎらわしい動物図鑑 ~そっくりなのにぜんぜんちがう~
今泉忠明  |  小学館 ¥1,188
【ご注意】※お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。お手持ちの端末で立ち読みファイルをご確認いただくことをお勧めします。まぎらわし~!進化の不思議おもしろ入門。タヌキとアライグマ、モモンガとムササビなど、この地球上には、見た目や習性は似ているのに、じつはまったく別の動物=「まぎらわしい動物」が、数多く生息しています。なぜこんなにまぎらわしい動物がいるのでしょうか? 動物たちにとって、自分の体こそが生き残るための道具です。どんな所に棲んで、何を食べているのかで、体の形は決まってきます。樹上ではバランスをとるのに長い尾が役に立ち、水中では流線形の体が便利です。また肉食なら鋭い牙が役に立ち、草食なら茎をくいちぎる前歯を必要とします。こうして長い時間をかけて、自然環境に適応して生き残ったものたちは、元々が別々の種であったとしても、なぜかよく似た形(キャラクター)と習性(ビヘイビア)を持つようになるのです。こうした現象を動物学の世界では「収斂進化(しゅうれんしんか)」と呼びます。この収斂進化に着目すると、進化の不思議をわかりやすく理解することができます。見て楽しむ「写真クイズページ」、なんでこうなったのか? 解き明かす「図鑑ページ」、自然界ではあり得ない、可愛い動物たちの合成写真も必見。皆さんも「まぎらわしい動物」を知り、進化の謎を解き明かしましょう!※この作品はカラーが含まれます。

シリーズ

もっと見る

同じ作者の作品

もっと見る