1. TOP
  2. ノンフィクション
  3. 僕のコーチはがんの妻

僕のコーチはがんの妻

僕のコーチはがんの妻
僕のコーチはがんの妻
藤井玲子 / 藤井満  |  KADOKAWA ¥1,430
【ふくれたほくろの正体はがんだった。妻は僕に料理を猛特訓しはじめた。】【120万PV】【23の鬼レシピ掲載!】大反響の朝日新聞デジタル連載を、大幅改稿して新規原稿を加え、待望の書籍化!33万人が感動した、笑って泣ける家族の実話。【大切な人と読んでください。】50代夫婦。子どものいない二人暮らし。妻ががんになったら、家事も料理もできない夫(僕)はどう生きればよいのか?食べることが生きることなら、「生きる力」――それが妻からの最後の贈り物だった。「塩をひとつまみは指3本! 指2本は『ひとふり』や!」がんが発覚し、鬼コーチ(=妻)の料理特訓がはじまった。「セカンドオピニオン」「治験」「哲学外来」「在宅緩和ケア」。 ――初めてだらけのがんとのたたかいで、料理の時間はふたりにとっての最後のオアシスとなった。デザイン/須田杏菜