ネコは言っている、ここで死ぬ定めではないと

ネコは言っている、ここで死ぬ定めではないと

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

俺たちはどう死ぬのか? 数えきれぬ患者を診察した元・産婦人科医の精神科医と、数えきれぬ短歌を日々読み続ける歌人。万巻の書物を読んだ二人が、大きなモニターとソファのある精神科医の自宅で、猫を相手に語り尽くす、今考えられるもっとも考えなければならない死と生についてのすべてのこと。【目次】序 章 俺たちはどう死ぬのか?第1章 俺たちは死をどのように経験するのか?第2章 俺たちは「死に方」に何を見るのか?第3章 俺たちは「自殺」に何を見るのか?第4章 俺たちは死を前に後悔するのか?第5章 俺たちは死にどう備えるのか?第6章 俺たちは「晩節」を汚すのか?第7章 俺たちは「変化」を恐れずに死ねるのか?第8章 俺たちは死を前に「わだかまり」から逃げられるのか?第9章 俺たちは「死後の世界」に何を見るのか?第10章 俺たちにとって死は「救い」になるのか?第11章 俺たちは「他人の死」に何を見るのか?第12章 俺たちは「動物の死」に何を見るのか?第13章 俺たちは一生の大半を費やすことになる「仕事」に何を見るか?終 章 俺たちは、死にどんな「幸福」の形を見るか?

商品情報

作品をシェアする

同じ作者の本

カート