怪と幽 vol.006 2021年1月

怪と幽 vol.006 2021年1月

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。江戸期に活躍した初代林家正蔵が祖とされる怪談噺。そして今年、没後120年となる三遊亭圓朝による『怪談牡丹灯籠』『真景累ヶ淵』『怪談乳房榎』といった名作は、いまなお演じ継がれていると同時に、怪談文芸の傑作でもある。講談や浪曲でも怪談や幽霊/化け物を題材とする演目は大衆の心をつかみ続け、現代の創作にも深い影響を与え続けている。伝統的な怪談噺から妖怪たちが登場する滑稽噺まで――昨今にわかに注目が集まる落語・講談・浪曲といった語りの伝統芸の魅力を、「怪と幽」的な側面からフォーカスする!京極夏彦「遠巷説百物語」がついに最終話! そのほか強力な連載陣もお見逃しなく!!●特集落語・講談・浪曲伝統話芸のすゝめ【対談】柳家喬太郎×北村薫【インタビュー】神田松鯉【対談】柳亭小痴楽×平山夢明【対談】玉川奈々福×東雅夫【インタビュー】蜃気楼龍玉【インタビュー】柳家権之助&小太郎【寄稿】杉江松恋●小説 京極夏彦、有栖川有栖、近藤史恵、山白朝子、恒川光太郎、真藤順丈、澤村伊智●漫画 諸星大二郎、高橋葉介、押切蓮介●論考/エッセイ/インタビュー 荒俣宏、東雅夫、加門七海、村上健司&多田克己●グラビア シラノ、芳賀日出男、佐藤健寿、妖怪伏魔殿、怪食巡礼●怪談実話 黒木あるじ、東亮太、深津さくら●お化け友の会ひろば 鈴木光司×安曇潤平、お化けゲーム最新情報、「小松和彦退任記念講演会」レポート、新潟妖怪研究所、妖怪美術館、「ひどい民話を語る会」レポートetc……※電子化に伴い、一部省略されたページがございます。あらかじめご了承ください。

商品情報

作品をシェアする

同じ作者の本

カート