わたし、二番目の彼女でいいから。3

わたし、二番目の彼女でいいから。3

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

「ねえ、私たちで桐島くんを共有するの、ダメかな……?」 俺は今、橘さんと付き合いながら、早坂さんとも付き合っている。 共有のルール。それは互いに抜け駆けしないこと。「一番目」になれない方が傷つくなら、それは優しい関係とすら言えるだろう。 たとえそれが、歪で、甘美な延命措置に過ぎないとしても。 だけど……。 二番目でよかったはずなのに。 それでも一番目になりたくて。 互いにエスカレートする好意と行為。 その果てに、俺らの関係はやがて軋みを上げ始め……。 もがいて、すがりついて、大事だった何かを摩耗させながら。 どこまでも深みに堕ちていく。

商品情報

作品をシェアする

同じ作者の本

カート