1. TOP
  2. 小説一般
  3. かげろうのむこうで 翔の四季 夏

かげろうのむこうで 翔の四季 夏

かげろうのむこうで 翔の四季 夏
かげろうのむこうで 翔の四季 夏
斉藤洋 / いとうあつき  |  偕成社 ¥1,287
小学生の翔は、ふとしたことから高宮さんと、その飼い犬トラウムと出会い、週に2回の散歩を頼まれるようになる。おばけの見える友達、仲がいい父と母、同じマンションに住む芸能人とのやりとりのなかで少年は、見えること、見えないことに思いをめぐらせる。「じつは、たのみがあるんだ。もちろん、さっきのパンとは関係ないから、だめなら、だめだといってほしい。週に二回、朝、三十分、トラウムに散歩をさせてほしいんだ。もちろん、お礼はする。」じつをいうと、ぼくはトラウムみたいな犬がうちにいたらいいと思っていたくらいだった。週に二回なら、いや、一日おきでも、やれると思った。朝なら、毎日だってできる。「何時からですか?」(本文より)

シリーズ

もっと見る

同じ作者の作品

もっと見る