1. TOP
  2. 医学・薬学
  3. パニック症と過呼吸 発作の恐怖・不安への対処法

パニック症と過呼吸 発作の恐怖・不安への対処法

パニック症と過呼吸 発作の恐怖・不安への対処法
パニック症と過呼吸 発作の恐怖・不安への対処法
稲田泰之  |  講談社 ¥1,265
※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。【検査では異常がないのに息苦しさに襲われる!】パニック症は、パニック発作をくり返す病気です。身体的な原因はないにもかかわらず、さまざまな不快な症状が突然生じるのがパニック発作で、「過呼吸」もその症状の一つです。しかし、過呼吸のないパニック発作もありますし、パニック発作があれば、必ずパニック症だというわけでもありません。また、パニック症の診断基準に当てはまるような状態でも、「過呼吸を起こしやすいだけ」と思われている人もいます。発作を避けようとしてどんどん「できないこと」が増えていけば、自己否定感が強まり、うつ状態に陥ることもあります。生活に支障をきたすほどの恐怖や不安がわきあがる根本的な原因は何か、どのような症状があるとパニック症と診断されるのか、どのような治療法があるのか、薬で治るのか、発作をくり返さないために自分でできることはあるのか……。本書では、発作のしくみから対処法までをイラスト図解でわかりやすく紹介します。発作の恐怖や不安を乗り越え、本来の能力を十分にいかして生きていくため、また、周囲の人たちがパニック症への正しい理解を得るために役立つ一冊です。【本書の内容構成】第1章 この症状は「パニック症」なのか?第2章 「死ぬような思い」をくり返す理由第3章 これからどうなる?薬で治る?第4章 「考え」と「行動」を見直そう第5章 不安と症状を軽くするヒント※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、タブレットサイズの端末での閲読を推奨します。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能も使用できません。