連続テレビ小説 スカーレット (上)

連続テレビ小説 スカーレット (上)

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

NHK連続テレビ小説 スカーレット (上)戦後まもなく、大阪から滋賀の信楽(しがらき)にやって来た川原喜美子。頑張り屋の喜美子は、幼い頃から一家の働き手だった。一五歳になった喜美子は、戦後の復興著しい大阪で就職をし、多くの人たちとの出会いよって成長してゆく。そして、信楽に帰ったのち、男性ばかりの陶芸の世界に飛び込むのだった……。自分のため、大切な人のため行動あるのみ! モノを作り出す情熱と喜びを糧に、失敗や挫折にめげず生きていく、働き者のヒロイン・喜美子。そんな愛情深いヒロインをとりまく、家族や友人、個性豊かな人たち。焼き物の里・信楽に生きる女性陶芸家の波乱万丈な物語。*本書は、NHK連続テレビ小説「スカーレット」第1週~第11週の放送台本をもとに小説化したものです。番組と内容・章題が異なることがあります。ご了承ください。スカーレット…緋色(ひいろ)のこと。伝統的に炎の色とされ、黄色味のある鮮やかな赤。緋=火に通じ、陶芸作品に表れる理想の色のひとつである。主人公の生業(なりわい)である陶芸では、窯をたく炎が勝負。熱く燃えるような、情熱的な人生につながる。

商品情報

作品をシェアする

同じ作者の本

カート