1. TOP
  2. エッセイ・随筆・紀行
  3. 書くインタビュー 4

書くインタビュー 4

書くインタビュー 4
書くインタビュー 4
佐藤正午  |  小学館 ¥858
「作家」の肩書きに憧れる作家が直木賞受賞。「自分のペンネームがほかの作家の名前と一緒に並んでる、それだけで晴れがましい気持ちになるとか、言っても信じないだろうけど、それは嘘じゃなくて、なぜそういう気持ちになるのか、なぜ自分がそこまでうぶなのか、または、初々しさを保っていられるのか、どっちにしてもいい年こいて、と考えてみると、たぶん『作家』という肩書きに対する憧れがいまも僕にあるせいだと思う。いくつになっても、いまだに若いときの、作家志望だった時期の、憧れ気分が抜けていない」(本書より)2021年夏公開の映画『鳩の撃退法』の原作者であり、小説名人の佐藤正午さんがメールでインタビューに応じる「書くインタビュー」シリーズ第4弾。※いくつかの収録トピックスから※▼第157回直木賞の選考会当日、作家がメールで語ったのは?▼『月の満ち欠け』直木賞受賞の吉報に作家が抱いた「実感」は?▼引きこもりがちの作家が名だたる文士たちと居酒屋で遭遇!?▼編集者もお手上げの「なりすましメール」合戦勃発!▼作家・盛田隆二さんをゲストに迎え、濃密な小説談義に発展!「書くインタビュー」だからこそ明かされる胸の内が満載。直木賞作家・佐藤正午さんの名回答に唸る、2年間の往復メール集。

シリーズ

もっと見る

同じ作者の作品

もっと見る