1. TOP
  2. 小説一般
  3. 検事 霞夕子 夜更けの祝電

検事 霞夕子 夜更けの祝電

検事 霞夕子 夜更けの祝電
検事 霞夕子 夜更けの祝電
夏樹静子  |  新潮社 ¥484
バツイチのOL・山口美幸は39回目の誕生日を迎えるその日、たった一人で孤独をかみしめながら過ごしていた。次の日、彼女は後頭部を鈍器で殴打されて、自分の部屋で死亡していた。部屋には色彩豊かな花瓶に5本の紅いバラと3本のクリーム色のバラが挿されていた。いったい誰が彼女を殺したのか。お多福顔でおっとり口調の検事、霞夕子が鋭く解決する「夜更けの祝電」をはじめ、「橋の下の凶器」「早朝の手紙」「知らなかった」の4篇を収録する人気シリーズ。