合本版 道誉なり(上・下) 新装版

合本版 道誉なり(上・下) 新装版

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

毀すこと、それがばさら――。六波羅探題を攻め滅ぼした足利高氏(のち尊氏)と、政を自らつかさどらんとする後醍醐帝との暗闘が風雲急を告げる中、「ばさら大名」佐々木道誉には、毀したいものがあった。数々の狼藉を働きつつ、時代を、そして尊氏の心中を読む道誉。帝が二人立つ混迷の世で、将軍尊氏はなぜ、佐々木道誉を欲したのか。対する道誉は、人間尊氏に何を見ていたのか――。【目次】第一章 激流第二章 京より遠く第三章 いかなる旗のもとに第四章 征夷大将軍第五章 猿の皮第六章 花一揆第七章 橋勧進第八章 騒擾やまず第九章 無窮第十章 尊氏は死なず 解説 大矢博子

商品情報

作品をシェアする

同じ作者の本

カート