1. TOP
  2. ノンフィクション
  3. 兜町の風雲児—中江滋樹 最後の告白—(新潮新書)

兜町の風雲児—中江滋樹 最後の告白—(新潮新書)

兜町の風雲児—中江滋樹 最後の告白—(新潮新書)
兜町の風雲児—中江滋樹 最後の告白—(新潮新書)
比嘉満広  |  新潮社 ¥792
稀代の相場師として数奇な運命をたどった中江滋樹。小学生で株取引を始め、弱冠20代にして大阪・北浜の若獅子、東京・兜町の風雲児と持てはやされた。その人脈は政財界からスポーツ芸能界まで広がるが、「投資ジャーナル事件」で暗転、塀の中へ。出所後はアングラマネーで再起を図るものの、ついに果たせず海外逃亡、幾度も死亡説が流された。そして2020年、アパートの一室で焼死——最初で最後の自伝的告白。