1. TOP
  2. 小説一般
  3. 卒業式であった泣ける話

卒業式であった泣ける話

卒業式であった泣ける話
り返って、また歩み出す。卒業式にまつわる12編の心にしみるアンソロジーです。 【一部あらすじ】春告草の式日/沖田円老梅のような姉・季夜との別れを控えた妹・紗和。縁側で交わされた最後の会話が互いの心を癒していく。さよならの勇気/桔梗楓夕焼けに染まる街の道路を、一台のスクールバス。高齢の運転手、豊城の卒業と希望。あなたが遺した北極星/溝口智子亡くなったゼミの教授の遺言が卒業生たちの心を変えていくその扉を開く/杉背よい屋上へと続く階段が3人の基地だった。青春と卒業、そして開かずの扉を開く。春の歌/霜月りつ焼夷弾で焼けた小学校と70年後の卒業式。全員があの日に戻る。【ほか7作品収録】 『私の胸のアレオーレ』一色美雨季/『わたしの青春を返せ』国沢裕/『小さな卒業式』水城正太郎/『とろとろ、そぞろ』日野裕太郎/『卒業式』朝来みゆか/『翼があるなら』猫屋ちゃき/『アルバムには納まり切れないし』石田空

シリーズ

もっと見る

同じ作者の作品

もっと見る