百歳 いつまでも書いていたい 小説家・瀬戸内寂聴の生きかた

百歳 いつまでも書いていたい 小説家・瀬戸内寂聴の生きかた

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

NHKラジオの音源を再現して贈る、瀬戸内寂聴が伝えたかった本当のこと楽しい法話で多くの日本人から愛された瀬戸内寂聴さん。そんな彼女の生きるエネルギーの源は「書くこと」にあった。それを裏付けるのが、NHK「ラジオ深夜便」などで語った「小説家」としての肉声である。遺された言葉に、人がいきいきと日々を生きるためのヒントがちりばめられている。〈目次〉第1章  わたしと『源氏物語』(関西発ラジオ深夜便「こころの時代 源氏物語にとりつかれて」1998年12月12日、19日放送)第2章 ケータイ小説からオペラまで(ラジオ深夜便「人生“私”流 ワクワクしたい」2008年12月13日放送)第3章 「書くこと」は自分を発見すること(ラジオ深夜便「こころの時代 悔いなく生きる」2010年3月29日放送)第4章 坊主よりも、わたしは小説家[対談 伊藤比呂美](ラジオ深夜便「新春対談 生きることは愛すること」2019年1月1日放送)第5章 「書くな」と言われても書くんですよ[対談 高橋源一郎](高橋源一郎の飛ぶ教室「新春! 初夢スペシャル」2021年1月1日放送)第6章 瀬戸内寂聴と文学[特別寄稿 高橋源一郎]

商品情報

作品をシェアする

同じ作者の本

カート