1. TOP
  2. 女性向けラノベ
  3. 公爵令嬢メアリーの偽装結婚 ~霹靂城の公爵令嬢シリーズ1~ 4

公爵令嬢メアリーの偽装結婚 ~霹靂城の公爵令嬢シリーズ1~ 4

公爵令嬢メアリーの偽装結婚 ~霹靂城の公爵令嬢シリーズ1~ 4
公爵令嬢メアリーの偽装結婚 ~霹靂城の公爵令嬢シリーズ1~ 4
O嬢 / いりえりん  |  アマゾナイトノベルズ ¥220
「嘘でもいいから結婚してくださらない?」「かたちだけで構わないのよ。両親の死後に離婚してくださってもいいわ。もちろん、結婚しているあいだは夫としてわたくしのことを自由に扱ってくださって構わない」「公爵令嬢……。ご自分が何を言っているのか、わかっているのか?」諸事情により三十歳と著しく婚期を逃した美貌の公爵令嬢メアリーは、化け物と噂されるバーソロミュー公爵エリックに初対面で提案した。美しいものしか愛でたくないという家令のフィリップスの進言や、忌々しい『霹靂の錬金術師』の汚名を継ぐバーソロミュー公爵家の嫁取りは代々難航をきわめていることもあり……。結果、利害が一致した<嘘の結婚>を了承させたメアリーの初夜は「わたくし最初に申し上げたはずですわ。結婚したらわたくしを自由にしてくださって構わないって」「自由にと言われても、私には疲れている妻をわざわざ苦しめる趣味はないし、今はのっぴきならない衝動を抱えてもいない。……しかし確か、生命の誕生がどうとか言っていたな。ならば、うだうだと初夜を繰り延べにしても仕方がないのか」「なさって。初夜を――」そういったものの、やはり怖い気持ちは隠し切れなかったメアリーに優しく「じゃがいも」についてを語りながらーー。いざ結婚生活を始めたら、聡く美しいメアリーは素直でギャップがあり、エリックはバケモノどころか普通にまともな美しい青年公爵で……。二人のやり取りがかわいく、笑いながらも応援したくなる王道結婚溺愛小説です。『公爵令嬢メアリーの偽装結婚(4) ~霹靂城の公爵令嬢シリーズ1~』には「番外編 処女の夢」~「電子書籍書き下ろし番外編 公爵家の幽霊」までを収録。

シリーズ

もっと見る

同じ作者の作品

もっと見る