SDGsの大嘘

SDGsの大嘘

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

「脱炭素」は欧州のペテン!“環境ビジネス”で丸儲けしている人々の正体世はまさにSDGsブーム。「よりよい未来をつくるために」と掲げられ、政府やマスコミも手放しで礼賛する17の達成目標はどれもご立派なものばかりだが、その一つひとつを科学的に検証していくと、欺瞞と矛盾に満ちた「大嘘」であることがわかる。このままだと「地獄への一本道」を突き進むことになるというのに、日本人はいつまでこの茶番を続けるつもりなのか?拗(す)ね者の生物学者が忖度(そんたく)なしに語りおろす、SDGsの知られざる真実!〇世界の貧困を加速させる「高級牛ステーキ」〇人口を減らさない限り「資源の争奪戦」は終わらない〇SDGsはグローバル資本主義を続けたい欧州の免罪符〇枯渇しつつある水産資源を中国が食べ尽くす〇実はエコではない「太陽光発電」と「風力発電」〇「CO2の増加が地球温暖化の原因」という大嘘〇利権のためには科学的ファクトも「無視」する日本人〇「塩害」知らずでサステイナブルだった日本の水稲栽培〇実は地球にも環境にも優しい遺伝子組み換え作物〇「地熱発電」と「エネルギーの地産地消」が日本を救う【本書「はじめに」より抜粋】 先ほど触れたように、利益を得るのはほんの一握りの連中だけで、世界のほとんどの人たちは利益を奪われて貧しくなる。SDGsという矛盾に満ちた「絵に描いた餅」を実現しようとすることで、この世の中は確実に今よりも悪くなる。 それなのに、国連が垂れ流すこの「嘘」を鵜呑(うの)みにした政府やマスコミの大キャンペーンのせいで、ほとんどの人々はSDGsというのは素晴らしいものなのだと信じて疑わず、その目標に少しでも貢献できるように頑張っている。 人々の「いいことをしたい」という善意につけ込んで、騙(だま)しているという意味では、かなり悪質だ。(中略) 「環境を守らなければならない」という人々の善意につけ込んで、この説を後押しする政府機関や企業は、国民から多額のカネを搾り取っているが、多くの国民はいまだに「いいことに加担している」と思い脳内にドーパミンが出て、騙され続けている。 私くらいの世代の者は、どうせこの先もたいして長くはないのだから、この茶番につきあわされてもさして実害はないかもしれないが、未来のある若者や子供たちからすれば、とんでもない話だ。 だから、あと50年も生きねばならないあなた方に、SDGsも人為的地球温暖化論も基本的にはまったく同じで、反対しづらい善意のスローガンを並べているだけで、「地獄への一本道」になっている事実について考えてもらいたいと切に思う。2022年5月池田清彦

商品情報

作品をシェアする

同じ作者の本

カート