1. TOP
  2. 小説一般
  3. リーラ―神の庭の遊戯―(新潮文庫)

リーラ―神の庭の遊戯―(新潮文庫)

リーラ―神の庭の遊戯―(新潮文庫)
リーラ―神の庭の遊戯―(新潮文庫)
玄侑宗久  |  新潮社 ¥440
飛鳥は二十三歳で突然自らの命を絶った。そして三年後の命日の前日、彼女はかすかな気配となって現れる。死をいまなお受け入れることのできない母親、弟、離婚して家を出た父親、男友だち、ストーカーだった男、弟の恋人……関わりのあった六人ひとりひとりが物語る飛鳥との過去とそれぞれの心の闇。自殺の真相は何だったのか? 逝った者と残された者の魂の救済を描く長編小説。(解説・堀江敏幸)