やどかり~弁護士・志摩律子の事件簿~《合本版》(3) 11~14巻収録

やどかり~弁護士・志摩律子の事件簿~《合本版》(3) 11~14巻収録

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

【合本版/『やどかり~弁護士・志摩律子の事件簿~』11巻~14巻までの4冊分を収録した《プチ大人買い》シリーズ】《作品内容》ひとときの休暇を楽しむことにした志摩。向かった先は萱島という小さい島だった。船を降りると入れ違いに病人が運ばれていく。無医村? だが島内を散策する志摩は診療所を見つける。病院はあるのに何故、船で病人が運ばれていったのか? すると診療所から患者が飛び出してきた。院内を覗くと医師が仁王立ちしている。左手には注射器、右手には酒瓶!? 原因はこの医師だった。医師は単身赴任の寂しさからか酒に溺れるようになり、メチャクチャな診察を繰り返しているらしい。島民は協議を重ね、その医師に出ていってもらうよう通告することになっていた。そんな矢先、子どもが大怪我で早急に治療を行わなければならなくなった。慌てて診療所に駆け込むと……案の定、酒に溺れた医師がいた。志摩はその医師と対峙する!! 篠原とおる先生がお贈りする弁護士・志摩律子の華麗なるサスペンス事件簿、合本版:第3巻(全3巻)! ※単巻、他合本シリーズとの重複購入にご注意ください※

商品情報

作品をシェアする

同じ作者の本

カート