1. TOP
  2. 趣味
  3. 競馬は人気馬2頭+人気薄1頭の組み合わせでだいたい決まる

競馬は人気馬2頭+人気薄1頭の組み合わせでだいたい決まる

競馬は人気馬2頭+人気薄1頭の組み合わせでだいたい決まる
競馬は人気馬2頭+人気薄1頭の組み合わせでだいたい決まる
競馬王編集部  |  ガイドワークス ¥1,980
※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。【“獲るのが難しい”と思われる馬券もこの考えをもって臨めば獲れるようになるはず! 】競馬は各場1日12R、それが3場であれば1日36R、土日では合計72Rが行われることになります。それらすべてのレースを当てることは到底不可能でしょう。しかしそれら72Rの結果を冷静に見つめれば、馬券に関係する上位3頭は、「人気馬2頭+人気薄1頭」の組み合わせで決着していることが圧倒的に多いということに気付かされるはずです。本書では、馬券必勝理論の解説などはしていません。「競馬は人気馬2頭+人気薄1頭」で決まるケースが多いという厳然たる事実をデータで突きつけ、それを理解した上で、どういった券種で、どういった買い方で攻めていけば効率良く当てられるかを検証した1冊となっています。本書を読めば、競馬初心者の方であっても、競馬の“実態”が理解でき、玄人はだしの馬券が獲れるようになるはずです。―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――本書の内容◎1章…レースの行方は人気(オッズ)が握っている!◎2章…高的中率と高回収率を叶えるための券種選び◎3章…無謀な穴馬探しより確実な本命馬選びが福を呼ぶ◎4章…プラス収支を実現させるベタ買い法&究極データ