1. TOP
  2. 小説一般
  3. 欧州 旅するフットボール

欧州 旅するフットボール

欧州 旅するフットボール
欧州 旅するフットボール
豊福晋  |  双葉社 ¥1,232
サッカー本大賞2020受賞作。「情景の切り取り方がイニエスタのパスのように美しい。こんな旅の経験は誰かに話したくなる」(サッカー実況アナウンサー・倉敷保雄氏)『Sports Graphic Number』(文藝春秋)をはじめ多数の媒体に執筆、翻訳するバルセロナ在住のスポーツライターが綴るヨーロッパサッカー紀行文。本書には、バルセロナ、マドリード、ロンドン、パリ、リスボン、ナポリ、フィレンツェ、ベルリン、グラスゴー……30を超える街で受け継がれるフットボールの物語が収められている。メッシ、クリスティアノ・ロナウド、長谷部誠、本田圭佑、香川真司、岡崎慎司、乾貴士、中島翔哉、中村俊輔、中田英寿、ペレ、クライフ、ルイ・コスタ、ピルロ、モウリーニョ、アギーレ……数々の名選手、名将から、スペイン4部リーグ『エウロパ』の選手まで登場。そして、日本のスペインバルでもおなじみのハモン・イベリコに、バスクのステーキ・チュレトン、バルセロナで食べられる焼きねぎ・カルソッツから、クリスティアノ・ロナウドが愛した「ほし鱈とジャガイモの卵とじ」。中村俊輔が活躍したイタリア・レッジョ・ディ・カラブリアのマリア婆さんが愛した「魚介のリングイーネ」に、ベルリンのビアホール『プロトコル』の濃厚なラガービールまで、欧州のサッカー旅行では欠かせない「食と酒」も豊富に綴られている。