1. TOP
  2. 小説一般
  3. 木曽駒に幽霊茸を見た

木曽駒に幽霊茸を見た

木曽駒に幽霊茸を見た
木曽駒に幽霊茸を見た
太田蘭三  |  光文社 ¥550
北多摩警察署のウマさんこと相馬美之(よしゆき)刑事といえば、食欲からナニからウマ並みで知られる快男児。本書が初主役作品だ。ウマさんがドライブ中、ワゴン車と衝突、運転手は逃げ、助手席には他殺死体が!?――この総会屋殺しが、北多摩署を揺るがす連続殺人の発端だった。強盗傷害事件、爆弾恐喝事件と日々大活躍のウマさん、木曽駒で出会った美女との関係は?