精神科医が教える病気を治す 感情コントロール術

精神科医が教える病気を治す 感情コントロール術

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

「何年も病院に通っているのに、なかなか病気が治りません」から解放される。精神医学や心理学、脳科学から見つけた「病気を治す」ヒント。病気がなかなか治らない人、治りやすい人では何が違うのか?■病気が治る人と治らない人は考え方や行動の多くが対照的   病気を受け入れている ⇔ 病気と闘い、抗っている     感謝の言葉が多い ⇔ 悪口が多い小さいことにクヨクヨしない ⇔ 不安に思いがち     いまを生きている ⇔ 過去にこだわる1つの病院に継続して通院する⇔ よく病院を変わる■いつもイライラしている人必読!! すぐ効く「怒りを消し去る方法」とは!?・話し方を変えるだけでみるみる心が落ち着く!・人を「好き」か「嫌い」かで判断しないことがポイント。ではどうする?・他人を攻撃する人を華麗にスルーする秘訣■病気はあなたの「敵」ではない!!まずは「5つの闘わない」を知ることから始めましょう!・「病気」と闘わない・「医者」と闘わない・「自分」と闘わない・「薬」と闘わない・「完全に治す」と闘わない累計50万人以上に精神医学や心理学、脳科学の知識・情報をわかりやすく伝え続けている精神科医の視点から、病気がなかなか治らない人の共通点、今日からできる治るための心の持ち方・思考、習慣を紹介。また、支える家族がすべきことにも言及。病気は、治るのです。■目次はじめに 感情をコントロールすれば身体もコントロールできる第1章 あなたの病気が治らないのには「理由」がある第2章 「不安」を取り除けば病気は治る第3章 「悪口」が病気を悪くする第4章 「受け入れる」だけで病気は治る第5章 「表現する」と病気は治る第6章 家族が「寄り添う」と病気は治る第7章 「感謝」で病気は治る■著者 樺沢紫苑(カバサワシオン)精神科医、作家。1965年、札幌生まれ。1991年、札幌医科大学医学部卒。札幌医大神経精神医学講座に入局。大学病院、総合病院、単科精神病院など北海道内の8病院に勤務する。2004年から米国シカゴのイリノイ大学で3年間留学。うつ病、自殺についての研究に従事。帰国後、東京にて樺沢心理学研究所を設立(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品情報

作品をシェアする

同じ作者の本

カート