1. TOP
  2. 児童書・絵本
  3. 学習まんが はじめての日本の歴史3 朝廷と摂関政治

学習まんが はじめての日本の歴史3 朝廷と摂関政治

学習まんが はじめての日本の歴史3 朝廷と摂関政治
学習まんが はじめての日本の歴史3 朝廷と摂関政治
山本博文 / 渡辺晃宏 / 高見まこ / 三条和都  |  小学館 ¥858
新・日本史学習まんがシリーズ、第5弾!全15巻の新・日本史学習まんがシリーズ。今回発売の3巻で扱うのは、400年にわたり栄える平安京をつくった桓武天皇の時代から、摂関政治で権勢を誇った藤原氏の時代までの話です。坂上田村麻呂を征夷大将軍にした蝦夷討伐、また長岡京、平安京、と二度も新しい都をつくろうとした桓武天皇の目的はなんだったのか?後に真言宗を開く空海(弘法大師)、天台宗を開く最澄(伝教大師)は唐や日本でどんな修行をしてどんな交流があったのか?学問の神様とよばれる菅原道真は、帝に信頼されながらもなぜ大宰府に左遷されてしまったのか?平将門の乱(承平の乱)、藤原純友の乱(天慶の乱)などの地方武士の反乱はなぜ起こったのか?藤原道長ら藤原氏の栄華はどのようにして築かれていったのか?等々、知れば知るほど日本の歴史に興味がわくエピソードが満載です。総監修は東京大学史料編纂所教授の山本博文先生、また、この巻の監修として、奈良文化財研究所史料研究室室長・渡辺晃宏先生に精密な監修をいただいています。〈 目次 〉第1章 蝦夷討伐と平安京 第2章 空海と最澄第3章 菅原道真第4章 承平・天慶の乱第5章 藤原氏の摂関政治フィックス型EPUB69.8MB(校正データ時の数値)。【ご注意】※お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。お手持ちの端末で立ち読みファイルをご確認いただくことをお勧めします。

シリーズ

もっと見る

同じ作者の作品

もっと見る