1. TOP
  2. 歴史・時代
  3. 中條流不動剣 六 老将、再び

中條流不動剣 六 老将、再び

中條流不動剣 六 老将、再び
中條流不動剣 六 老将、再び
牧秀彦  |  徳間書店 ¥715
隠居の身から江戸家老に再任された塩谷隼人は、尼崎藩邸の敷地内に在る役宅で暮らす。大家を務めた八丁堀の長屋の店子たちはつつがなく暮らしているようだが、一方、藩政には不穏な影が。尼崎藩藩主松平忠宝は、江戸城で老中の土井大炊頭利厚と出会う。二人は、実の叔父と甥の関係。松平家で冷遇され、土井家に養子入り後に出世を遂げた利厚は、尼崎藩に大きな恨みを抱いていたのだった。