1. TOP
  2. 小説一般
  3. 帝都で探偵はじめました 参 〜高原ホテルの殺人〜

帝都で探偵はじめました 参 〜高原ホテルの殺人〜

帝都で探偵はじめました 参 〜高原ホテルの殺人〜
帝都で探偵はじめました 参 〜高原ホテルの殺人〜
菱沼あゆ / みゃーこ  |  クリーク・アンド・リバー社 ¥660
——なにか順番が逆な気がしますわね。幽霊が出ると噂が立ってから、死体が見つかるなんて。 昭和初期を舞台に、名家の御曹司・夏樹と、その義妹・欄子が謎に挑む、昭和レトロ・ミステリ第三弾! 「僕、家出しようかなと思うんだ」 秋も深まってきたある日、夏樹の友人・志津馬が唐突に言い出した。 聞けば、母親に煩わしさを感じているとのこと。 夏樹の義母・巴らを巻き込み話は転び転んで、夏樹たちは知人友人を伴い「幽霊が出る」と噂のホテルへと泊まりに行くこととなる。 風光明媚な山の中のホテルに気分が高まる一同だったが、着いて早々、部屋を案内されているときに死体が発見されてしまう。 「なんで私を犯人にしようとするんです……?」 「せっかくの旅、静かに過ごしたいからよ」 「義理の息子が捕まったら、呑気に旅は続けられないでしょうよ」 「じゃあ、すぐに別の犯人を見繕って捕まえなさいよ」 相変わらずめちゃくちゃな義母の命令で、しぶしぶ事件を調べ始めた夏樹だったが——。

同じ作者の作品

もっと見る