1. TOP
  2. 官能小説
  3. 花と闇 ~団鬼六トリビュート~ 第一話 島原大路

花と闇 ~団鬼六トリビュート~ 第一話 島原大路

花と闇 ~団鬼六トリビュート~ 第一話 島原大路
花と闇 ~団鬼六トリビュート~ 第一話 島原大路
わかつきひかる  |  ゴマブックス ¥0
今だけ第一話のみ無料で読める!ここは京都の色街「島原」。太夫が練り歩くと、絢爛豪華な艶姿に感嘆そして嘆美の声が市井からあがった。その傍らで、数え14になる綾は女衒に手を引かれ、お綾ちゃんもいずれ太夫になるんだよ、との言葉を幼さの残る表情で見送っていた。娘は売られたのだ。呉服問屋の娘としてなに不自由なく育てられたが、両親の死と残された多額の借金を返す、という定めを背負って。まるで人の手で造り出されたような眉目よい顔立ちの綾が、覚悟もないまま客という名の見知らぬ男に歯茎をねぶられ、操がズタズタに組み敷かれていくーーー。そしてそれは思いも寄らない男だった……。【著者プロフィール】わかつきひかる2001年にフランス書院ナポレオン大賞受賞して、頭角を現し、主にライトノベルの分野で執筆活動を続ける。07年に幻冬舎アウトロー大賞特別賞受賞、11年に宝島日本官能文庫大賞、岩井志麻子賞を受賞する。14年『ニートな彼とキュートな彼女』が『世にも奇妙な物語2014年春の特別編』に採用される。近著に『おいらん同心捕物控』『クリスティナ戦記 奉仕の姫騎士と国境の商人』『あきんど姫様』など多数。