1. TOP
  2. 小説一般
  3. 別冊文藝春秋 電子版38号 (2021年7月号)

別冊文藝春秋 電子版38号 (2021年7月号)

別冊文藝春秋 電子版38号 (2021年7月号)
別冊文藝春秋 電子版38号 (2021年7月号)
文藝春秋  |  文藝春秋 ¥799
◆連載スタート◆ ・三上延「シネマバー・ソラリスと探しもの」 レンタルビデオ店を“リメイク”し、オープンしたシネマバー。大人たちは束の間そこで、映画に想いを乗せて解き放たれる。映画とビール、恋とひみつの物語 [はじまりのことば] 映画好きがつい長居したくなるようなバーを舞台に自分の「好き」を詰めこんでみたら、こんなお話になりました ◆インタビュー◆ 作家の書き出し Vol.13 取材・構成 瀧井朝世 ・辻村深月 著者に訊く ・荻堂顕『擬傷の鳥はつかまらない』 ◆エッセイ◆ [Iの告白] 児玉雨子「キャッチー・コンプレックス」 ◆連載小説◆ ・有栖川有栖「捜査線上の夕映え」 スーツケースのなかの死体から薫る、秘密の匂い。被害者の人生にいったい何があったのか? 火村英生シリーズ、最新作。 ・一穂ミチ「光のとこにいてね」 ・木下昌輝「孤剣の涯て」 ・武田綾乃「世界が青くなったら」[最終回] ・島本理生「星のように離れて雨のように散った」[最終回] ・長浦京「アキレウスの背中」[最終回] ・藤井太洋「オーグメンテッド・スカイ」 ・相場英雄「マンモスの抜け殻」[最終回] ・伊東潤「夜叉の都」[最終回] ・今村翔吾「海を破る者」

シリーズ

もっと見る

同じ作者の作品

もっと見る