1. TOP
  2. 小説一般
  3. 同窓会であった泣ける話

同窓会であった泣ける話

同窓会であった泣ける話
卒業後間もない人から遥か昔に卒業した人まで、同窓会はいくつになっても行われます。学生時代の思い出は、必ずしも良いものばかりではないかもしれません。それでも旧友との再会、同窓会は、過去の自分に戻れる貴重な時間です。本書は「同窓会」にまつわる12編の物語を収録しています。ライト文芸の世界で活躍する作家12人が紡ぐアンソロジーで、懐かしい気持ちを思い出してみませんか。【一部あらすじ】『違う窓から来た男』/杉背よい事故で高校時代からの記憶を失った幸也。同窓会に出席するのは不安しかなかったが……『同窓会であった泣ける話』/鳩見すた高校の同窓会開催を知ったとき、片瀬は真っ先に片想いの相手・橘を想ったのだが……『仮面同窓会へようこそ』/編乃肌部活のオンライン同窓会。影の薄い自分は忘れられていると参加を渋る真雪だったが……『旧姓』/溝口智子同窓会会場でピアノを弾いているカノン、彼女の母・弥生は私の唯一の友達だった。『ラパンのお茶会で逢いましょう』/矢凪高校卒業後それぞれの道で活躍する友人達。平凡な人生を歩む栞のもとに一通の手紙が届く。 ほか7作品収録『裏切りの同窓会』桔梗楓/『草を結ぶ』遠原嘉乃/『愛沢つばめの秘密』田井ノエル/『おもいでたどり』日野裕太郎/『青い絨毯と赤い絨毯』神野オキナ/『閻魔大王によろしく』朝来みゆか/『思い出の中のガキ大将』国沢裕

シリーズ

もっと見る

同じ作者の作品

もっと見る