草紙屋薬楽堂ふしぎ始末 凍月の眠り

草紙屋薬楽堂ふしぎ始末 凍月の眠り

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

「ちょいと薄気味悪い話でござんして。あれは雪女郎かもしれねえって」 ——時は文政。 推当物が人気の女戯作者・鉢野金魚と貧乏戯作者・本能寺無念は、 吹雪の日に姿を消した薬楽堂短右衛門の娘・けいの足取りを追い、 六部の装束を纏った童女が誘う空き家に踏み込むが、そこに居たのは……。 江戸の本屋を舞台に戯作者=作家が謎を解く! 人情と不可思議、嘘と真実、ためらいを秘めた想いの行方ーー 読み心地満点の大人気時代小説シリーズ、ついに完結!

商品情報

作品をシェアする

同じ作者の本

カート