1. TOP
  2. 歴史・時代
  3. 草紙屋薬楽堂ふしぎ始末 月下狐の舞

草紙屋薬楽堂ふしぎ始末 月下狐の舞

草紙屋薬楽堂ふしぎ始末 月下狐の舞
草紙屋薬楽堂ふしぎ始末 月下狐の舞
平谷美樹  |  大和書房 ¥671
「見えないかい? 月明かりの中の妖しく美しい狐の舞が……」 時は文政。ある雨の日、江戸の本屋・草紙屋薬楽堂に持ち込まれたありふれた人情噺の裏には、禍々しくも哀れな狐憑きの噂が——。 推当物を得意とする女戯作者・鉢野金魚と貧乏戯作者・本能寺無念、武家の女・只野真葛、高名な父を持つ女絵師・葛飾応為ことお栄は、切ない出口なしの物語を「一番の結び」に導く大芝居を計画するが……。 江戸の本屋を舞台に戯作者=作家が謎を解く! 謎と人情、嘘と本心、運命に抗う決意と逡巡—— 読み心地満点、ますます快調の大人気シリーズ、待望の第四弾!